スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珠ハッサム構築

ダブルで長らく使ってた珠ハッサム構築について、今現在は構成練り直しで使用していないので、使用に至る経緯と環境の変動について書いていこうと思います。

大分放置してしまってた

・始まり
 BW無印の11月頃から、虫技の通りが良すぎる環境にあると考えてハッサムを軸にした構築を考えていました。
まずその当時は雨砂が盛んなのはもちろん、トリトドンナットレイ入りの雨、砂雨どちらにも対応できる草と水ロトムが人気を博しており、虫技の一貫性はかなり高かったのです

 そこで耐性も優秀なハッサムを思いつきましたが、ナットレイトリトドン等に対しては殴り合いで負ける可能性すらあり、威張ラムやジュエルバットでは展開できなかったことや半減で受けられた時に押しきれないと考えました

 一貫性を謳うからには遠さないといけないので、ここで火力強化アイテムを持たせることに…

そこでHA配分かAS配分かで迷いましたが、HAでは抜けない連中からの被弾、とくに当時多かったHS意地っ張りバンギの処理に追いつかないのでAS珠に落ち着きました

 さらにハッサムで叩くかもう一匹で叩くかという立ち回りと、炎の威力現象も兼ねて雨構築になりました

・珠ハッサム
AS配分
バレパン 虫食い 燕返し 守る

・ニョロトノ
・キングドラ

電気の一貫性と、ハッサムの攻撃で耐えられた場合の反撃が辛いので壁+神秘要因が欲しいと考えました。ここでは
 
・クレセリア
・ラティアス

の2体が候補となり、何度か使い分けましたが後述の耐久力の差でクレセリアに。

残り2体はハッサムと相性がよくて、かつ天候上書きしつつ上から殴れるスカーフバンギラス、ナットレイを焼けて格闘に後出しができるボーマンダにしました

・ハッサム
・ニョロトノ
・キングドラ
・バンギラス
・クレセリア
・ボーマンダ

 バンギラスがスカーフである点、ハッサムがAS配分であるのでクレセリアで電磁波を撒くとするとトリパが重たい→ニョロトノを最遅+ギプス+アンコール でトリルをアンコしてハメることを思いつきました。
 これは大正解で、相手のバンギを見てもニョロトノ+キングドラの並びで初手選出できます。

もし相手が遅いバンギを初手出してしまった場合、相手はバンギを守らせつつ隣をトドン等の受けポケに交代、という流れを簡単に作らせることができたので、グドラに身代わりを持たせてアドを稼ぎ、こちらはトノをハッサムに交代、というテンプレを作ることができました

 ニョロトノがオボン等のリカバリーアイテムを持ってない点や、バンギラスがスカーフの影響で耐久が足りないことからもクレセリアの壁は非常に強力で、ボーマンダの威嚇を生かすために光の壁を入れていました。

 ところがキリキザンに対して後出しできるポケモンが少ない点、相手のグロスを叩く要因の不足という点から、クレセリアの耐久だけで回していくのは困難と考え、途中からリフレクターと光の壁を両搭載していました
 
 またボーマンダ、クレセリア、スカーフバンギラス、ハッサムと雨2匹だとヒードラン処理には必ず雨選出しないといけないのが嫌になり、同時に雨下でグロスも殴れることからクレセのエスパー技をめざパ地面にすることで対抗策にしました。

長いので続きはその2へ・・・


スポンサーサイト
プロフィール

飛竜5564

Author:飛竜5564
飛竜の管理するブログ
ニコ生のコミュ⇒http://p.tl/GXvs
スカイプ⇒表示名:ひりゅう@ニコ生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
チャットルーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。